琉球もろみ酢

琉球もろみ酢

登録番号 44
名称 琉球もろみ酢(リュウキュウモロミス)
分類 加工食品
登録区分 第32類 酒類以外の飲料等類 (ア)から(コ)までに掲げるもの以外の非発泡性飲料(薄めて飲用されるものを含む。)(もろみ酢)
登録日 2017/11/10
生産地 沖縄県
連絡先

琉球もろみ酢事業協同組合

沖縄県那覇市若狭1丁目9番7号

http://www.moromisu.info/

農林水産物等の生産地

「琉球もろみ酢」は、「琉球泡盛(1)のもろみ粕」を原料とする琥珀色の酸味を持った非発泡性飲料です。主な酸味成分はクエン酸であるため、他の酢と比べ、刺激や酢酸臭がなく飲みやすい特徴があります。
 「琉球もろみ酢」はそのまま飲用されるほか、調味料など料理の材料としても利用されています。近年、健康情報雑誌や酢をテーマとした消費者向けガイドブックなどに大きく取り上げられたことで、健康飲料として高い注目を浴びるようになりました。

「琉球もろみ酢」は、最初に「琉球泡盛のもろみ粕」を、圧搾・ろ過することによって原液を作ります。
 「琉球もろみ酢」は、原液自体もしくは黒糖などの甘味料、果汁、植物エキスなどを配合したものを対象とします。ただし、配合調整を行う場合には、原液の割合が最終製品である「琉球もろみ酢」の総重量に対し75%以上であることが必要です。
 さらに、全ての生産行程が、沖縄県内で実施されます。

「琉球泡盛」の製造方法が琉球国(2)(現沖縄県)に伝わったのは14~15世紀ごろといわれています。その伝来ルートは、タイルート、東南アジアルート、中国・福建ルートと諸説があります。
 沖縄県は一年を通じて温暖で湿潤な亜熱帯性気候下にあり、このような気候下では、醸造の途中で雑菌が増殖する危険に晒されます。地域では、これまでの長い製造の歴史により、雑菌の増殖を抑制する黒麹菌が醸造の過程で選ばれ、現在に受け継がれています。

1973年に、それまで豚の飼料や畑の肥料などに使われていた琉球泡盛もろみ粕を圧搾・ろ過し、黒砂糖を混ぜて販売した商品が「琉球もろみ酢」の最初の商品です。以降、43年間、琉球もろみ酢は沖縄県において生産され続けています。
 「琉球もろみ酢事業協同組合」の組合員数は現在13社です。すべての組合員が出荷規格に適合した「琉球もろみ酢」を製造しています。

  1. 琉球泡盛:原料の米すべてを米麹にし、水と酵母を加えて発酵させた沖縄県の伝統的な酒です。
  2. 琉球国:1429年から1879年の450年間、琉球諸島を中心に存在した王国です。

ページ
トップ

日本の伝統的な特産品の魅力を発信